健康でいるために、ダイエットをや

健康でいるために、ダイエットをやり始めることにしました。体が重いと膝の関節にとても負荷がかかるので、将来寝たきりになる可能性があると知りました。


ウォーキングをしたら、それこそ膝を痛めてしまいそうなので、とりあえずはお手軽な酸素ダイエットを開始してみようと考えています。若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、食べ過ぎてしまって体重が増加しても時が経てば元に戻ることが多くあるものです。けれども、歳をとっていくと基礎代謝量が減ってしまい、エネルギーの消費量も落ちるので、何もしなかった場合脂肪がつきがちになります。どうしてもやって来るのがダイエットしても体重が減らなくなってしまう期間です。この時期にどうしたらいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、着実につづけるのがポイントです。もし、運動をしていないのなら、食事だけはカロリーに気を配ったり、食べもののカロリーをチェックしないのなら、運動オンリーでも続けましょう。



私は痩せようと思った時、自宅で可能なダイエット法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉の量を増やして体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を少なくとも30分は行いました。

これを毎日続けたおかげか、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、続けるのはとても難しかったです。

私が働いている会社は20、30代の女性が多く働いているので、ランチ休憩はダイエットに関する話でボルテージが上がることも少ないとはとても言えません。その話題の中で最近、人気を博しているのは酵素を摂るダイエットと糖質を制限するダイエットです。でも、両方のダイエットを同時に実行している人はこれまでのところいないようですね。




ダイエットといえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、判断することができません。

たいてい言われるのは、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、区別できるようです。しかし、発汗の状況は季節によっても変わりますよね。もっとはっきりとした基準があればダイエットがしやすくなると思います。最近、丸くなってきたので、痩せよう調べていたら、いい対策を見つけました。それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。有酸素運動のききめは素晴らしくて、食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。

私自身、数週間前に有酸素運動を始めたのですが、どんどんスリムになって嬉しいです。そう考えても、有酸素運動って思ったよりあるんだなと認識しました。最近になって、私の周囲では、プチ断食がブームです。




この機会に、私も試してみました。

でも、思ったよりとてもきつくて、どうにか断食期間中はがんばって耐えきれたものの、終わった後に食べまくってしまって、せっかく減らした体重もちゃんとリバウンドしてしまいました。




出産を終えて、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットとプラスして人生でしたことがなかった筋トレをしました。



完全母乳で育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。


おかげさまで、6カ月ぐらいで、だいたい元の体型に戻すことができたという結果になりました。酵素ダイエットというのは授乳している身でも、問題なくすることができます。酵素は人体にしてみれば大切なものですし、野菜や果物により抽出されたものなので、たとえ母乳を通して酵素の成分が赤ん坊の口に入ったとしても、害はまったくないので、問題なく実行できます。


最近流行っている、酵素は腸の調子を改善してくれるのです。




酵素を補給して腸内環境を整えると、体調不良がもとでできるニキビや肌荒れが良くなります。同時に、酵素で腸内が整うと便秘解消や口臭を防いでくれるともいわれていて、酵素は健康にはなくてはならない存在です。

この間、プチ断食をお寺で体験するというツアーがあって、友人と一緒に行ってきました。食べ物をとらないとはいってもずっと何も食べないわけではなくて、玄米の重湯とか、質素なイメージの食事が出ました。



トライした結果、体重が減少しただけではなくて、びっくりしたことに頑固な大人ニキビがすっかりよくなりました。この頃、飽食の時代とされており、食べたくなるような多いです。

食欲をそそるものが多すぎて毎年体重は増えるばかりです。

そこで休みの日を使って、少しは胃腸を休めて毒物を排出するために、プチ断食に挑戦します。

これを食べておけば痩せていくなんていう、食べ物は存在しません。

そうはいっても、単純にカロリーが低いものとか、食物繊維が豊富で、お通じをスムーズにしてくれるものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。

野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。また、カロリーの高い食べ物を控えなければなりません。ダイエットする事を決めたその時が、一番やる気に溢れかえっているといえるでしょう。




ダイエットを成功する為には、その痩せるぞという感情をいつまでも持続させることが大切です。

特に当初に必死に頑張り過ぎると挫けやすくなってしまうので、優しく始めましょう。